目やにが止まらないから怖い検査することになった

育児用品の集計は少しお待ちください。数が多くてまとまった時間がないときつい!

なので日常ブログに一旦戻ります。

今日妻が子供を眼科に連れていきました。以前こちらの記事で書いた、休日に病院に連れていったやつです。

その後1ヶ月検診でみてもらい、小児科の先生からも点眼をもらい、落ち着かないようであれば眼科へとのことでした。

で点眼をしなくなると相変わらず目やにが出てしまうので眼科へと連れていくことに。

結果は月末に検査。

その方法が怖い。妻が送ってきたURLがこれ。

 

涙点から細い管を入れて涙道に食塩水を通し、鼻からのどに水が通過するかを調べるものです。水が通過せず逆流する場合は涙道閉塞と診断できます。

ん?

涙点に細い管を入れて食塩水、、、ん?

怖っ。って感じでした笑

昔は針金とか通してたらしいのでまだ良い方だとか。。

え?針金?

まあ早いうちに治してしまうに越したことはないので方法はなんであれがっつりいってもらいましょう。

どうやら検査はかなり泣くらしく検査中は親とも離されるらしい。

顔覚えて嫌いになっちゃうこともあるみたいだけど本当なのだろうか。。(便秘解消のために泣かせ続けてからミルクあげるとすごい顔で睨まれるんだよなぁ)

月末まで時間があるので新しい点眼薬もらって今日は帰宅。

古いけど対応は良い病院だったようで妻も満足そうでした。ここに引っ越してから病院の当たりが多いんだよな。離れるのが惜しいのでここを拠点にするかも。

ちなみに私は花粉症の薬。妻は蕁麻疹の薬。息子は点眼。家族揃って薬漬け笑
IMG_4951

アレルギーは完治難しいですが、しっかり薬飲んでコントロールしていかないと自分だけの問題じゃなくなってきたので若干プレッシャーです。でもそれくらいの方がサボらないからちょうど良いかも。

コメント

タイトルとURLをコピーしました