【明細公開】妊娠発覚から出産1ヶ月までにかかった医療費まとめてみた

これもずっとやりたいと思っていた企画。1週間遅れになっちゃいましたが報告します。

はじめに断っておきますが、この記事は「子供産むのにこんなにお金かかるのか。。」という悲観とか「俺が出してやったんだぞ!」というマウント取るための内容ではないです。

2019年の8月に妊娠が発覚してから出産、産後ケアを経て、1ヶ月検診が終わった2020年5月までかかった医療費を全て集計してみました。

合計金額は、204,750円。

子育て実費総計

んー。自治体の補助もあるので思ったよりは高いかな?というのが正直なところ。

詳細を整理する前に前提となる条件を提示します。

  • 産科医師2名、小児科医1名体制の診療所を利用
  • 入院は全室個室なので相場よりは高め?
  • 自治体の補助を利用した完全な実費を集計
  • 産後ケア(6泊7日)、妊婦歯科検診、風邪を引いたときの内科受診を含む

なので最低ラインの金額ではなくて結構リアルな金額だと思う。産後のサポート体制がある方は明細を出しているので、産後ケア分除いて計算してみてください。

月次でまとめるとこんな感じです。

子育て実費月次

2020年3月までは月当たり平均で1万円くらいですが、3月からは検診の感覚が短くなったのと歯科検診、胎動が弱くなった気がして(結果問題なしでしたが)受診などがあり少し多めに。

4月は出産費用、5月は産後ケアで大きめになっています。

具体的な明細はこんな感じ。

子育て実費明細

知ってる方いたら教えていただきたいんですが、自治体の補助とか使ってるのに支払う金額がいつもバラバラなんですよね。。

最初が5,000円だからそのまま毎回5,000なのかなー。と思っていたら1000円台の時もあれば1万弱かかる時もあったりして、費用が読めないのがちょっと気になりました。

あと最初にも話した通り、計画通りいくことは絶対にありません。母体の具合は悪くなるし、赤ちゃんの様子が変だと思ったり、検診に行ったら虫歯が発見されることもあります。

我が家の場合は妻もフリーのデザイナーなので休業状態だったから時間調整簡単でした。
しかし妊娠後も通勤ありで働く場合は無理しないように夫婦で収入面等話し合って時短や休職の調整をするのが理想的(現実にあわせる必要はあるけれど)だろうなぁと。

おそらく総合病院などで出産すればもう少し安くなるのかも。妊娠発覚時はそんなこと考える余裕もなく、一番近くの産科を受診しました。

ちなみに妻の入院生活はインスタに上げていってる真っ最中。まだ数は少ないですが漫画なので読みやすいですよ。

View this post on Instagram

産後2日目、母子同室 #産後 #新生児 #育児漫画 #育児絵日記 #2020april_baby

A post shared by おーとり (@ootori_nisi) on

気が早いですが二人目の可能性がないわけではないので、今後もタイミングがあればくらいの優先度で情報はチェックしていきます。

あ、補足ですが、妻だけでなく私も子供が生まれることをきっかけに、ずっと放置していた花粉症のかかりつけを見つけたり、歯医者にいくようになりました。(歯医者は役所や病院で推奨される)

なので妻だけでなく夫が不摂生だとさらに医療費は増えます笑。。でも子供が生まれてからはいくタイミング逃しがちなのと、睡眠が不規則になるせいで歯へのダメージが大きくなる気がするので、早めにいっておいた方が良いです。

それとこういうお金の話ってものすごく大切なのに話し合われませんよね。。それが違和感。養ってやる、養ってもらうな価値観はもう古いと思ってます。

これからは事実に基づく情報(AIやデータサイエンス)が重要視されていくでしょう。

スピリチュアルだったり出典が不明な要素は原則排除していくので、このブログではお金のことについても積極的に書いていくつもりです。

よく私が話題に出しているように、時間もお金も出産も育児も「チーム」で取り組むことが求められると私は考えています。加えて、雇われ目線では自分で考え行動することができず破綻するとも説明しました。

要は主体的な行動ができるか?と言う話なのですが、そのために金銭感覚の共有は重要。

これは単純に上限をわかってれば良いとかそう言う話でもなくて、予算1万円に対して、良さそうなものが1万2千円だった時が一番効果を発揮するんです。

予算内で収まるならなんの責任もない従業員でも簡単に決断できますよね。大切なのは予算をオーバーする時、「ちょっと高いけどこれ導入すれば効果大きいぞ…」つまり想定外の事態への対応です。

イレギュラーは従業員で判断せず責任者に任せる。行動の決定権≒お金の決定権。となることから、決断をする夫婦は、育児において会社を経営する取締役と近い感覚がありましたが正解でした。

次回は今回と同じ期間で購入した育児用品の合計を出していく予定なので是非みてください。。!

コメント

タイトルとURLをコピーしました