ステムセルのさい帯血無料保管に関する資料が届いた

以前ブログに書いた次の記事の続編です。

本日契約書が届きましたので、内容について記録しておきます。

昨日ヤマトのDM便配送通知のメールが来ていました。送り主はステムセル研究所とあったので、先日の保管委託の書類なのはすぐわかりました。

車の契約書なんかも通常の郵便で届くのでヤマト使うのは予想外。仕事を終えて家に帰ると妻が受け取っておいてくれていたので夜開封してみました。

IMG_4812

書類は大きく3種類です。

  • さい帯血採取・分離・保管報告書
  • 無料保管確認書
  • さい帯血分離保管委託契約書(補遺)
保管報告書に名前や出産日、あと細胞の詳細(数とか白血球がどれだけ生きているかとか)が記載されています。

無料保管確認書に今回のさい帯血保管の条件が記載されていて、問題なければサインと押印。

やはり想定どおり、10年経過後は委託契約を終了し保管細胞を研究用として提供するのが標準的な様子。
一応、「破棄を希望」も選べるのですが、破棄するよりは使ってもらった方が良いですよね。

ちなみに、実際に研究で使用した場合は書面で知らせてくれるそうなのでその書面も気になるので、夫婦揃って研究提供一択でした笑

最後の補遺は事前に送付していた契約書に子供の名前を追加で記すための書類なので、子供の名前書いて返信用封筒へ封入。

明日投函したいと思います!

コメント

タイトルとURLをコピーしました