片目だけの目やには先天性鼻涙管閉塞症だった

昨日寝過ごして記事書くのが日付変わるギリギリになってしまったので今日は朝のうちに書いておきます。

日曜日に病院を受診し、気になっていた目やにの件で病院を受診しました。結果は「先天性鼻涙管閉塞症」とのことでムコビットという抗菌剤の入った目薬を処方してもらい帰宅。

受診中にも同じ目薬を差してもらったため家に帰ってから目やにがほとんどでなくなっています!若干腫れぼったい気もしますが、そのうち引きそう。

この先天性鼻涙管閉塞症、新生児特有らしく、生後1年くらいで自然と治っていくそうです。涙を排出する管に生まれたばかりでまだ膜が残ってしまっていたり、涙の通り道が塞がっていることが原因とのこと。

気持ちぐずる時間も短くなった気がするので目が不快だったのかも。何はともあれこれで一安心。ただし病院で週明けくらいにかかりつけの眼科へ、なければ探してください。と言われました。

確かに日曜に空いている病院を探すのとてもしんどい。てっきり小児科で良いものだと思ったら小児科≒内科なんですね。

耳鼻科とか眼科はそれぞれ専門のところへ行かなければならないのは大人と変わらないのか。。と反省しながら言われるがままに子供の保険証で受付や会計を済ませました。

名前を呼ばれるたびに新鮮。

子供用の医療費受給券、うちはまだ届いていなかったため、後日役所で差額を返金になるとのこと。役所なんだ。ちょっと遠いから助かった。それでも2割負担だから大人に比べれば全然安いけど、子供は病気なりやすいからということなのだろうか。

私の花粉症がひどいので耳鼻科はかかりつけできていますが、眼科って普段行かないからどこにあるのかわからない。。調べたら近所にあるみたい。本当に普段から意識してないだけだった。

ついでに自分のコンタクト作りたいけど、コンタクトはコンタクト専門の眼科というイメージがあるので難しいのだろうか。

まあ点眼が1ヶ月ほどあるとのことで、産後ケアの1週間が終わってから行こうかなと思います。

妻一人で行ってもらい自分は車で待っていようかと思ったのですが、ちょっと不安になって様子見に行って正解だった。(コンビニ行こうとしてマスクを妻が持ったままだったからというのもあるけど)

受付とか問診票とか一人だと結構大変。もうちょっと効率化できると思うが昔ながらの病院だったから難しいのかな。

それにしても赤ちゃんの快、不快、難しいですね。

今回だって目やにがでていても元気ですし、目を気にする様子もありませんでした。それでも赤ちゃんにとっては不快の種になっていたのでしょう。

外から見てわかるから良いけれど、もし体の内部に異常があったら気づくのがかなり遅くなってしまいそう。

サボりがちだけど検温とかちゃんとやってみようかな。

あ、そういえばAmazonで注文していた紙オムツが届きました。赤ちゃん用品のお店にいくと、色々な試供品をもらうじゃないですか?

もらった紙おむつの試供品を全て試したので、その中で一番気に入ったものを注文したのです。

IMG_4798

店頭も新生児用は売り切れでAmazonも5日くらい在庫入るの待ったから人気なのかな?



キルティング加工のためか手触りが良いのはもちろん、これが一番付けやすい。他のおむつは引っ掛かり?みたいなのがあるのですけど、これは何回か試して全て自然につけることができました。

今の使っているのを使い切ったら切り替えてみたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました