決断の速度を早めて人生にかける時間を増やそうという思考

予定日16日を丸一日過ぎようとしていますが妻には特に変化ありません。
ジンクスはやはり気の紛らわしで正解かなと思います。(明日も産まれなければパンを焼くそう)

今日コロナで面会が禁止になった妻のため、入院中に持ち帰って洗おうと考えていたルームウェアや差し入れしようとしていた飲み物、その他諸々を買い増ししにいきました。

ついでにベビーベッドの布団を買っていなかったので購入。

合計で40,000ほどの買い物でしたが予め調べていたとはいえ、我ながら即決したことに少し驚きました。

シェイクスピアは「人生は選択の連続である」と書き、映画マトリックスのモーフィアスは「全ての物事は選択から始まる」と言います。

与えられた時間が平等である中で、私たちは仕事、学校、日常の買い物、結婚、子供、家と様々な選択を日々行いながら人生を過ごしています。

決定にかかる時間が短いほど行動するための期間は確保できますが、よく検討することで行動してから発生する無駄な時間を削ることができるとも言えます。

私の場合財布等の小物でもこだわる方で、ブランドの歴史から調べて一晩中競合製品と比較をしたりすることもありました。

しかし最近は金銭的に余裕も出てきたこともあり、「すぐ決める」ということを意識的に増やしています。
まだまだできていないことも多いですが、百聞は一見にしかずでまず動く方が結果として有利に働くことを実感することが増えたためです。

これからどんどん家族としての時間も増えるので、今のうちに決断を早くする癖をつけることで公私共に充実させることができるだろうなと考えています。

特に出産は産まれてくるタイミングがわかりません。
なのでそれを楽しむ時間を作るためにも自分にとって価値のあるトレーニングになるでしょう。

明日は数年に一度の春の嵐らしいです。
盛大なフラグだといいなと。
疫病が蔓延し、季節外れの嵐の日に産まれてくるのも一興。

コメント

タイトルとURLをコピーしました